祖母の介護についての話を書いていきます

私の祖母は昨年の冬になってから急激に介護が必要な状態になってしまいました。それまでは元気にメニューや洗濯など出来ていたのですが、急激に人体が老化してしまいました。
今までは、テレビのリモコンの編集など簡単に出来ていたのですが、昨年からリモコンの編集の方式が至って分からなくなってしまいました。

自分や婦人が「お婆ちゃん。リモコンはこう扱うんだよ」と言っても、一気に忘れてしまう。そうして急激に足腰も悪くなってしまいました。

ヒドいときは、横になっている実情から起きるのに、家庭の拳固が必要になる時もありました。便所に行くヒューマンなどは立つのが一大のでヨチヨチ足つきで便所までいくという事もありました。

そうして断然大変だったのが「何に関してもヒューマン頼りになってしまった」という事です。今までは大体は自分で行なうお婆ちゃんだったのですが、簡単な事もヒューマンに頼るようになってしまいました。たとえば、衣装の着せ替えなどです。衣装を1個脱ぐだけでも家庭を呼ぶようになってしまいました。

もらえる場合といった出来ない場合のリミットが分からなくなってしまったようです。ヒドイ時は一年中に30回ぐらい家庭をホールに呼び出すこともありました。

今、祖母はステイのもらえるクリニックに預けている。祖母を見て、人間の体の老いは急にいらっしゃることが分かりました。残ってしまった傷跡を治すために使いたい美容成分とは?